お勧めの本


NO 書籍 作者 出版社
説明

NO 書籍 作者 出版社
説明

NO 書籍 作者 出版社
24 午後の恋人 平岩弓枝 文春文庫  
説明 子供ができなかった夫婦にある日とつぜんおっとから
「愛人に子供が生まれるのでわかれてくれ」と言われた明子。
結婚して20年子供には恵まれなかったが夫婦仲はよかった。
それなのに、離婚を決意し第二の人生をあゆみだし、3人もの男の方から
言い寄られる主人公。女40歳の午後の時間、華やかで男の熱いまなざしでますます、おんなを磨かれていく。分かれたもとおっとまでも、分かれたことを悔しがる
しかし、女の盛りもながくはない・・・・

NO 書籍 作者 出版社
23 草原の椅子 宮本 輝 幼冬舎文庫
説明 遠間憲太郎は長年連れ添った妻と離婚し、50歳になり
なんとなく満たされない人生への思いをつ乗せていた。
そんな矢先変な事件から富樫という人を助け親友のなった。
両親にすてられた5歳の圭介との出会い。
楽しいもの、幸福を感じるもの、気持ちのいいもの、
笑いがあるものなどを撮影した写真集「草原の椅子」を
作ろうときめた。

NO 書籍 作者 出版社
22 女たちの家(上・下)   平岩 弓枝   文藝春秋
説明 突然、ご主人が志望。
専業主婦だった主人公が義理の息子との
トラブルをのりこえながら、いきいきと
老後のためにペンションを立てて、
経営していく姿を通して、女の幸せについてかんがえさせられす
小説です。

NO 書籍 作者 出版社
21 40祭から何をどう勉強するか   和田 秀樹 講談社
説明 東京大学医学部を卒業し、今は精神科医として
年を取れば「脳」の機能が衰えるという常識の嘘を
暴き迷える中高年に勇気とやる気を呼び覚ます本です